仕事や人生のステージアップを飛躍的にさせたいあなたへ・・・

  

心と身体が両方ともに健康な状態は、自由度が高いことを指します。

 

もし気になられた場合に「セッション受けてみたい!」と思って、

スグに行動に移せる方は、私は健全で健康だと思っています。

 

多くの方が、

 

「いや、でもな...あやしい」

「気になるけど...めんどうくさい」

「私は完璧で大丈夫だから...関係ない」

 

と思うのではないでしょうか?

 

これって、過去の経験の思い込みから来ていませんか?

 

もし、そうであれば、ご自身の可能性を、自分自身で奪っていることになりませんか?

...いえ、あなたを否定したいのではなくて、ちょっと怒らずに聞いてくださいね。

 

人生の幅はいつだって広げることができますし、成長が止まることはありません、という可能性のご提案なのです。

 

このタッチフォーヘルスのセッション以外にも、置き換えてみてほしいのです。

 

何かやりたいことを思いついたときに、食べたいものでも、行きたい場所でも、欲しい買い物でも、

仕事の新しいプロジェクトでも、好きな異性に対するアプローチでもなんでもいいです。

 

スムーズに行動できていますか?

 

少しでも抵抗が入ると、自由度が低くないですか?

 

ダイエット中だし、お金ないし、不安だし、面倒だし、どうせ無理だし...やっぱり...と、

「最良の選択」ではなく、「妥協したまぁまぁな選択」をしてしまう。

 

あるいは、アドレナリン全開で、闘争モードでなんとかがんばって、やりきって、疲れてしまう...

 

自分への制限や枠組みは、私は健全ではないと思っています。

 

あるがままの自由度から、制限をかけてしまった不自然さを表した結果だからです。

 

そんな状態のときに、

 

あぁ、こんな方法があるのか...って。

身体と心に、こんな風にアプローチするとこうなるのか...って。

 

知らないと、そんな世界があることも知れないじゃないですか。

 

 

私たちは、タッチフォーヘルスの可能性にかけています。

 

世界では120ヶ国以上に広まり、スイス、ドイツ、オーストラリアでは保険医療になっています。

 

タッチフォーヘルスの日本の代表である石丸賢一先生は、

「タッチフォーヘルスには世界を変革させる可能性がある」という信念のもと活動をされております。

 

当たり前に感じてしまっている肩こりから、人生の一大決心まで...

タッチフォーヘルスはあなたのお役に立つことができます。

 

この誰でも簡単にできるシンプルな家庭の健康法には、無限の可能性が秘められています。

 

尚、女性の施術者のため、男性は紹介のみとさせて頂いておりますことをご了承くださいませ。

 

 

「心身ともに元気でいたい」ということは、誰もが願うことだと思います。

 

では、「元気」の定義は何でしょうか?

 

タッチフォーヘルスではこう考えます。

 

気が病んでいる「病気」の状態を、元の気に戻すことが「元気」である、と。

 

元の気、つまり、本来ご自身が持っているはずの、免疫や、自己治癒力のこと。

不自然になってしまっている状態を、自然な状態に戻します。

 

病んでいる気というのは、疾病のことだけを指しません。

 

気が滞っていて停滞状態、気が落ち込んでいて閉塞状態、気がざわついていて不安状態、そんなことも指すのです。

 

また「誰でも簡単にできる家庭の医学」がコンセプトになっているため、ご自宅で行えるセルフケア法もお伝えさせていただいております。

 

私が得意とするセッション内容は、あなた自身を「本質に近づける」ことです。

 

あなたがあなたとして生きる意義を見つけ出し、世の中への貢献を一緒に見出だしていくことが強みになります。

 

人生をステージアップさせたいあなたへ・・・

 

 

まずは、お気軽にお問い合わせ・ご体験くださいね。

 

マヌラヨガ 堀山

manula.yoga@gmail.com

080-4023-7101


タッチフォーヘルスについて

 


誰でも簡単にできる家庭の医学!

簡単すぎて困ってしまう・・・だって、長年抱え続けてきた問題が、簡単に解決されると困りませんか?

 

「えぇー、そんな簡単でいいの?」と、私もしょっちゅう思っています^^;

セッションは、不思議すぎて、感動して、おもしろくて、楽しいです。

 

「タッチ」は、「お手当て」という意味で、タッチフォーヘルスは「お手当ての科学」なのです。

 

少しずつ、順を追ってご説明していきますね。

 

タッチフォーヘルスは、あなたの人生の目標達成にお役立て頂けます。

  

アプローチは多岐に渡り、

①過去のトラウマ

②現在のストレス

③未来への不安 を癒すことができます。

 

身体からアプローチをしますので、頭で考えても記憶の中にはないようなものを癒すことができます。

 

身体は、今まで見てきたものを全て録画し、耳で聞いてきたものを全て録音し、感じてきたことを全て脳に記録しています。

 

つまり、人生の情報は「あなたの身体の中にすべてある」のです。

 

セッション中は、全て身体に聞いていきます。

だからこそ、セッションの結果に納得ができるのです。

簡単に分かりやすく、だけど深いページを目指します!

講師の石丸賢一先生と田中信二先生と、共に学んでいる全国の仲間たちです♫
講師の石丸賢一先生と田中信二先生と、共に学んでいる全国の仲間たちです♫

当ヨガスタジオが提供するタッチフォーヘルスは、日本タッチフォーヘルスキネシオロジー協会IKC国際キネシオロジー大学の公式プログラムより学んでおります。

 

タッチフォーヘルスが伝えたい最大のメッセージは、「依存した医療モデル」ではなく、「教育モデル」と「自己責任モデル」での「自立」した生き方です。

 

詳しく解説していきます。

 

キネシオロジーとタッチフォーヘルスの歴史

キネシオロジーとは

キネシオロジー:kinesiology

ギリシャ語のキネシス(kinesis)『運動、動き』と、 ロゴス(logos)『学問』を合成した言葉。

もともとヨーロッパから始まった学問で、アメリカで発達したカイロプラクティックが土台となっています。

西洋医学のカイロプラクティックと、東洋医学の陰陽五行説や経絡、そして心理学や栄養学を組み合わせ、筋肉の反射を使うクライアント様の心身のバランスを整える心身療法で、家庭医学の決定版です。

1964年:
コロラド州デンバーで行われた
カイロプラクティック会議で、
ジョージ・グッドハード博士により
医療家や治療家向けに発表

現在では、アプライド・キネシオロジー(AK)として普及している。

 

1967年:
世界で始めてキネシオロジー学科(身体運動科学科)がカナダ・
オンタリオ州立ウォータールー大学応用健康科学部に設置
運動生理学や人間工学、バイオメカニクス(生体力学)、神経科学など身体運動科学分野の主要な学問領域。

 


1973年:
ジョン・F・シー博士が、
アプライドキネシオロジーを
一般家庭で使えるようにと簡単にまとめ、『タッチ・フォー・ヘルス』という学問を作った。
これ以降、キネシオロジーは
世界的に広がりを見せる。

 

1990年:
日本に初めて、
キネシオロジーが入る。

今では、キネシオロジーは200種類以上にものぼり、
世界の112カ国以上で何百万人もの人々に活用されている。

 


創始者 ジョン・シー博士のことば

タッチフォーヘルスは、私の宝物です。

私達の健康や暮らしを向上させる道しるべ、道を照らすロウソクであると思っています。

 

私達誰もがこのロウソクを内側に持っていて、明かりが灯りさえすれば、危険を冒さずにより豊かな人生へと導かれていくのです。

 

私のロウソクが、国際キネシオロジー大学(IKC)の理事やトレーナーを通じて、タッチフォーヘルスの公認インストラクターに手渡され、みなさんの手に届き、

 

さらにあなたの愛する人たちの手に届き、明かりが灯され、みなさんの豊かな人生の道しるべとなることを私は願ってやみません。

 


答えは自分の中にある

ストレスを感じると、人間の筋肉は脱力します。

タッチフォーヘルスでは、この身体の反応を使います。

 

どこの筋肉が 脱力するのか?を「全身14ヶ所のチェック」をし、

筋肉の反射から、どの経絡(気の流れ)に滞りがあるか、調べます。

 

写真は、手前(私です^^)

太ももの外側(大腸の経絡)の筋肉をチェック。

真ん中では、三角筋(胆のうの経絡)を調べ中。

奥の方は、三焦の経絡を調べ中。

 

全部で「57種類」と様々なテクニックがあり、筋肉は最大で全身「42ヶ所」を調べていきます。


 

そして、基本のテクニックでは、脱力をした筋肉を順番に調整し、整えていきます。

調整することにより、おもしろいほどに筋肉に力が入りますので、その体感も是非ひとつのお楽しみとしていてくださいね。

 

他のテクニックでは、数ヶ所脱力した中から、要になっている筋肉を 一ヶ所割り出し、 調整することで、全身の筋肉に力が入るようになります。

つまり、直接触れていない筋肉にも「気がめぐると全身に流れて力が入る」ということが、体感として味わえます。

 

全身の筋肉に力が入る=全身の気の流れが整い、流れはじめるので、思考回路がクリアに整います。

 

思考回路がクリアに整うので、「今までの自動的な思考パターン」から難なく抜け出せます。

 

タッチフォーヘルスで使うカイロプラクティックからは【筋肉とツボ】を、

陰陽五行説からは【臓器と感情】を 照らし合わせながら、バランスを整えていきます。

 

ですので、筋肉(潜在意識)・ツボ・経絡・臓器・感情(顕在意識)、これら全てに アプローチしていきますので、かなり深く癒されます。

 

アプローチ範囲が 多岐に渡るので、

①過去のトラウマ

②現在のストレス

③未来への不安 すべてに対応できます。

 

タッチフォーヘルスは、治療法ではなく、これらの【バランスの整え方】を学ぶ「健康法」です。

(薬・手術・その他の治療の代わりではありません。)

 

 

セッションは生きやすくなるきっかけです

セッションがあなたを変えるわけではありません。

 

あくまでも「きっかけづくり」になります。これが、医療モデルではない「教育モデル」と「自己責任モデル」という考え方になります。

 

セッション中に出てきた弱点をお伝えし、セッション後の日常生活で簡単に行えるセルフケア法をお教えしております。

なので、依存を生みません。

 

調整して、流れを作ることにより、長年抱えていたパターンから抜け出しやすくなり、

委ねるような感覚で、自然と進みたい方向へ歩めるようになっていきます。

 

あなたが今の自分を作ったのだとしたら、これからの未来もすべて自分で作ることが可能だと思いませんか?


パターン化しているものは、身体の癖、心の癖、考え方の癖なので、一回で劇的な変化を遂げるケースもあれば、玉ねぎの皮を一枚ずつ剥いていくような作業と同じで、何度か調整を行うことにより本質に近付いていくケースもございます。

 

多くの方は、3回ほどで変化を感じておられます。

 

大切なことなので、もう一度お伝えしておきます。

 

セッションがあなたを変えるわけではありません。

 

あなた自身が「これからのあなたの人生を変えていく」のです。

 

そのきっかけとなるセッションは、あなたの人生にどれほどの価値をもたらすでしょうか。

しっかりとカウンセリング時間をとっておりますので、無限の可能性を秘めたあなたの人生の目標設定をしてゆきましょう。

 

セッションの体験談

 

体感はとってもシンプル


口角を下げれば気持ちは暗くなり、口角を上げるだけで明るいことを考えられる・・・心と身体は通じているという事を身をもって体感させて頂くことが出来ました!

 

やりたいことがあるのになかなか進めない


昨日は、たくさんお話を聞いてくださってありがとうございました。

このタイミングで受けさせていただけてとても良かったです!ありがとうございます!

今朝は、昨日泣いたこともあって、頭がボーっとしているのと若干の頭痛がしています。

(今、耳のマッサージ&頭頂部を開きました。本当にクリアになりますね!)

セッションでは、本当に自分が在りたい姿や、やりたい事がとてもシンプルなことなんだな~と腑に落ちました。

言葉では以前から発していたのに、腹まで落ちていなかったんですね。

書いていただいたセッション内容を見返して、自分の思いを常にクリアにしていきます。

きっとこれから色んな変化が訪れるのでしょう。また思うことがあれば報告します!

 

過去をさかのぼって抑圧の解放


息が詰まっている感じが取れました。

何だかよく分からないのですが、怖さは消えました!

生き物全般とのコミュニケーションがこの先楽しめそうです。

植物や動物とのコミュニケーションは円滑だったのに人間がおざなりになっていました。

怖いから興味が持てなかったんだと思います。

自分が一番望むところを抑圧していたのだから、そりゃあしんどいですよね。

 

慢性的な身体の疲れ


いつもだったらぴりっと痛い首の後ろが、今日はふわんっと柔らかくて痛くないです。びっくり。

経絡を流すために筋肉に触れて何かしていたのでしょうか?次回教えてほしいです。

あと呼吸が今日はしやすいです。

雨の日は低気圧ですこし苦しいのですが、今日は楽でした。不思議ですね。

 

忙しすぎて記憶力が低下していく


希望が持てました。 霧が晴れたような 明るい気持ちになれました。

記憶力のことはほんとに恐くて恐くてだったので、安心できました。

 

問題ときちんと向き合える自分になれた


 よく言われているのですが「視覚化」の効果があるのかなと 思いました。

なりたい自分の姿を文書化したり、写真を集めてコラージュにしたりして 常に見えるようにすることで気持ちを積極的というか向上というか。

自分の状態を書き出し、向き合い、その解決方法を探るということを今までほとんどすることがなかったので、今回のセッションでなるほど、と思いました。

 

私の事を全く知らない先生に、私の事を話し、それぞれの事情に客観的に質問されることで、振り返りというか自分を見つめる、向き合える事が少しできたかなと思います。

なにより、全く知らない人に話しを聞いてもらうことが今までになかったことなので、不思議な感覚で話しさせてもらって、何か抜けたような気もします。

 

セッション料金について

90分12000円(男性)→会員価格11000円

90分10000円(女性)→会員価格  9000円

 

1回目で過去を癒し、2回目で現在地を知り、3回目で未来に羽ばたいていく

  

 

他にも、タッチフォーヘルスの体験会や、各種講座を開催中。

全60時間で行われる57種類の東洋医学と西洋医学を統合した公式プログラムのテクニックを学ばれたい方は、オーストラリアの国際キネシオロジー大学公式プログラムをご受講くださいね。 

 

「60回セッションを受けたのと同じ解放が起こる」と言われる先生もいるほど、とても深い時間になることでしょう。

 

初開催したときのブログ記事はこちらです 

 

タッチフォーヘルスへの想い

セッションは、マヌラヨガ代表のほりやまが行います。

2017年、初夏。

わたしがキネシオロジーに出会い6年ほど。

タッチフォーヘルスはまだ1年にもなりません。その出会いの恩恵は大きく、言葉では表すことができないほど、人生がとても飛躍していきました。

 

この体感や感動を多くの方と共有したいと思い、日々セッションを行っております。

 

創始者であるジョン・シー博士は、タッチ=人と人とが触れ合うことにより、真の癒しが訪れる、つまり愛に目覚めることを知っていました。

 


私自身、過去に1000万円近く投資をしてきた背景には、「生きづらさを解消したくて」が根強くありました。

いつしか、その生きづらさから、「ほんとうの幸せとは?」との問いに変わり、「しあわせの真実」を見出だしてきました。

 

「本質で生きること」にこだわり続けてきました。

 

プライベートでも友人と会話をしていると「本質をつかれる」とよく言われます。

 

私は自分の人生に妥協をしたくありません。

 

これからも、その本能的欲求を追い求め続けるでしょう。

 

今までに、様々な学問を学んでまいりましたが、真の癒しである心の奥に火が灯る感覚は、タッチフォーヘルスならではだと感じています。

 

日本のタッチフォーヘルスの代表である石丸賢一先生は、タッチフォーヘルスが伝わるという、ただそれだけに涙を流す、愛の人です。

私のタッチフォーヘルスの師である国際ブレイン・アップデート協会の田中信二先生は、真の人間革命を起こすことを志して活動をしており、人々を目覚めさせる才は天性のものだと思います。

 

このお二人がいなければ、今の私は存在しません。

 

2008年にヨガに出会い、私の人生は大きく変わりました。

そして、2016年にタッチフォーヘルスに出会い、生まれ変わるほどのまた大きな変化を遂げました。

 

もっと深く、より本質的なことを知ることができたこと

点と点が繋がっていき線になる感覚が腑に落ちたこと

今までの自分の人生全てに◯を出すことができたこと

誕生の瞬間に天命が宿るということを体得したこと

これからの人生をただ委ねるだけの生きやすさ

心の自由度が高い心地よさ

私が私として生まれてきたことに至福を感じ

もし生まれ変わるなら・・・もう一度私に生まれたい

 

私は10歳の頃に遺書を書き、一度はこの命を諦めました。

実際には、その時から約20年「なんとか生き延びてきた」という表現が正しいのかなと思います。

 

どうして、そうなってしまったのか、今では理由がきちんと分かります。

だからこそ、本質に気づいてもらえるセッションや、本質を伝えるヨガインストラクター養成講座を開講することが可能になりました。

 

あんな状態だった私でも、こんな道が待っているなんて、一番は昔の自分に伝えてあげたいです。

 

明けない夜は、本当にないんだよって

ただ、夜明け前が一番闇が深いのだということ・・・

 

 

例えばあなたが今、本当に何かで困っていてツラいのだとしたら、それは大きく飛躍するための夜明け前の最後の踏ん張りだと、もし思えたとしたらどうでしょうか?

簡単でないことは承知の上で書いております。 

 

でもね、頭ごなしではなく、感情論でもなく、自然体でそう思えるようになるのが、タッチフォーヘルスの魅力です。

 

例えばあなたが今、働けないくらい苦しい状況で、何かのきっかけでこのページにたどり着いたのだとしたら、そういう運命なのだと思います。

お金がなくて受けられない・・・と一歩が踏みとどまるのでしたら、状況をお話し頂ければ、費用は結構です。

 

たった一度きりの人生です。

 

信じてみませんか?

 

わたしのことを、

 

あなたの可能性とともに。

 

タッチフォーヘルスが考える健康の三角形

 

身体と、

心と、

食事の

3つの健康がそろって

真の健康です。



さいごに、

東洋医学について

 

陰陽五行説とは

 

中国の春秋戦国時代ごろに発生した

【陰陽思想】と【五行思想】が結び付いて

生まれた思想のこと。

 

陰陽五行説(いんようごぎょうせつ)

陰陽五行論(いんようごぎょうろん)ともいう。

 

「陰と陽」と「木火土金水」の概念を合わせたもの。

木は肝、火は心、土は脾、金は肺、水は腎の五臓に対応している。


陰陽思想とは

 

 

古代中国神話に登場する帝王「伏羲」が作り出したもの。

 

全ての事象は、それだけが単独で存在するのではなく、「陰」と「陽」という相反する形(例えば明暗、天地、男女、善悪、吉凶など)で存在し、

 

それぞれが消長をくりかえすという思想である。

 


陰と陽の決まりごと


1.陰は陽を引きつけ、陽は陰を引きつける

それゆえに、男(陽)は女(陰)にひかれ、女は男にひかれるのです。

活発な人(陽)とおとなしい人(陰)が親友同士になるわけもここに。

 

2.陽と陽は反発し、陰と陰は反発する

気の強いおしゅうとめさんと強いタイプのお嫁さんがいつもぶつかるのは、陽と陽だから。

お嫁さんが優しさの陰性をもって接すれば、うまくいくはず。

 

3.陰陽は比較でとらえるもの。絶対の陽、絶対の陰、中性は存在しない

のろまの亀に比べ、ピョンピョン走るウサギは陽性。

ところが、ブンブン速く飛ぶ、小さなハチと比べれば、ウサギは陰性と判断されます。

「ウサギは陽性」とか「ウサギは陰性」などとは、決めつけられません。

 

4.万物の中心は陽で、外側は陰である

梅の実や桃を思い浮かべてみてください。

やわらかい果肉の内側に、かたい種。 人の体も、中心はかたい骨です。

 

5.陰が極まると陽が生じ、陽が極まると陰を生じる

遠心力は外に広がりきって弱まると、内に曲がって求心力に変化。

この求心力も中心まで行きつくと、遠心力に変わってまた外へ向かいます。

人の体も過度に陽性食品を食べていると、最初は元気になっても、しだいに疲れやすい、だるい体(陰)になってしまいます。

 

五行思想とは

 

 

夏の創始者「禹」が発案したもの。

 

万物は「木火土金水」という五つの要素により成り立つとするものである。

 

後に、斉の陰陽家鄒衍により『5つの惑星』と、さらにその後様々な事象と結び付けられ、

『陰陽思想』と『五行説』が統合されて観念的な『陰陽五行思想』として完成する。

 

陰陽思想と五行思想との組み合わせによって、

より複雑な事象の説明がなされるようになった。

 


陰陽五行思想からの発展

⚫︎八卦

⚫︎四神相応

⚫︎十干・十二支 

陰陽五行思想の実践

⚫︎四柱推命

⚫鍼灸(経絡)            

⚫︎漢方医療(東洋医学)  

⚫︎風水

 

 


経絡とは

「気血が流れる道筋」のこと。

 

経絡(けいらく)の経は【経脈】を、

絡は【絡脈】を表す。

 

古代中国の医学において、人体の中の気血榮衛(気や血などといった生きるために必要なもの、 現代で言う代謝物質)の通り道として考え出された。

 

経脈は【縦の脈】、絡脈は【横の脈】の意。

滞ることにより【五臓六腑】へ気が流れず、 機能障害が 起きてくると考えられる。

 

経脈とは?

十二の【正経】と呼ばれるものと、八の【奇経】と呼ばれるものがある。その奇経のうち「任脈」と「督脈」だけが独自の経穴をもっている。

 

タッチフォーヘルスでは、12の正経と任脈・督脈を合わせて「14ヶ所の調整」になる。

 


主な経絡は内蔵(臓腑)に繋がっていて、また全身を巡っています。

この経絡の中には、気血が流れていると考えられています。

経絡中を気血が滞りなくスムーズに流れているとき、身体は正常な機能が営まれていると考えられています。

従って、身体のどこかに異常があれば、その病態と関連する経絡のどこかに異常反応が起こります。

この経絡上の反応点のことを経穴(つぼ)といい、一般にいわれるつぼとは、この経穴のことを指します。

 

補足:ツボとは

ツボ(経穴:けいけつ)とは、人体の生理機能・病的変化が現われる 「反応点」、「診断点」、「治療点」であり、身体の表面に存在する。

多くのツボは、経絡(けいらく)という気血の通路上に存在し、広く全身に分布している。

経絡は、人体を縦方向に走る経脈(けいみゃく)と、経脈から分枝する絡脈(らくみゃく)の総称。

 

経脈が「線路」で、ツボがその線路上にある「駅」で、電車が「気血」とイメージすると分かりやすいです。 

皆さんもマッサージなどを受けて感覚的にご存じかも知れませんが、経絡上の経穴(つぼ)は、圧すると痛みを感じたり、気持ちよかったり、硬くて塊のようなもの感じたり、柔らかくてへこんでしまったり、色々な反応を示します。東洋医学的な診断を行うときはこの反応を利用します。

 

中国で行われている最新の中医学では、経穴(つぼ)の色々な働き(=機能)について研究されています。一つ一つのツボが身体に対してどのような作用や治療効果を現すのかを研究して、漢方薬の処方構成のように、鍼灸の経穴(つぼ)処方を作って行くのです。

 

 

お問い合わせフォーム

メモ: * は入力必須項目です